テレビを見ていてイラッとする瞬間

スポンサーリンク

テレビを見ていてイラッとする瞬間

インターネットの普及により、若者の“テレビ離れ”が年々進んでいるそうです。

一部では、

「ニュースはネットのほうが早いし、もはやテレビは不要物

ともいわれているとか。

「最近のテレビはつまらないし、イラつく

との意見も多いようです。

テレビを見ていてイラついてしまうことも“テレビ離れ”の原因のひとつなのでしょうか・・・?

テレビを見ていて“イラッとしてしまう瞬間”を集めました。

いいところでCMをまたぐ瞬間

他にも、

25歳 / 男性
どう考えても視聴者のことを考えていないCMまたぎには、悪意さえ感じる
23歳 / 男性
良いところでCMに行く番組が多すぎる。盛りあがっているテンションが台無し!

という意見がありました。

「CMのあともまだまだ続きます」を見た瞬間

           出典:bokete.jp

匿名
昔はその言葉に騙されてCMが終わるのを心待ちにしてたけど何回か騙されて学んでからは「まだまだ続くよ」のテロップやナレーションが流れたら「もうそろそろ終わりなんだな」って考えに変わってきました。

「CMのあともまだまだ続きます」の理由

視聴者がチャンネルを変えてしまうのを防ぐため、テレビ局側が考えた苦肉の策といわれています

視聴率は、1時間番組であればその1時間の平均で算出されるもの。

なので、番組の終了間近にチャンネルを変えられてしまうと、平均が下がってしまう。

視聴率が高い番組は、

  • スポンサーがつきやすい
  • スポンサーのCM放送料を高く請求できる

など、経営メリットが高いためテレビ局は視聴率にこだわっているとのことです。

放送禁止用語「ピー」、スタジオだけ大爆笑の瞬間

という意見も。

CM明けにCM前の部分を再度放送する瞬間

匿名
民放で頭に来る事。いい場面でCMに切り替わり、CM明けで、また、同じ場面を繰り返し放送すること。すぐに、次を見せろ!
匿名
CM明けにCM直前の部分を再度放送する意味はあるのだろうか? 直前の内容くらいは覚えている

いいところでCMに入ってしまい、ただでさえイラッとしているのに、CM明けも同じ部分を見ることに。

スポンサーリンク

なかなか進まない展開にさらにイラッとする、との意見。

イラッとする“食レポ”コメントを聞いた瞬間

他にも、

「濃厚だけどしつこくない。」

「優しい味」

トロとか魚を食べて、「お肉みたい~」

「これを布団にして寝たい」

「すぐ溶けてなくなっちゃう」

「ぷりっぷり」

「もっちもち」

「アボカドとか女子絶対好きですよねー」

「あコレ絶対美味しいヤツーー!」

「女子はコレ好きだと思います」

などの“食レポ”コメントにイラッとしている人は多いようです。

嫌いな芸能人が出演しているのを見た瞬間


匿名
基本バラエティは録画している 。面白そうなのに嫌いな人が出ている時は倍速で対応してすっ飛ばして見られるから

と、出演している芸能人によってイラッとする瞬間が増えるようです。

事務所ゴリ押しも、藤田ニコル、剛力彩芽が嫌われてしまうワケ

2017.08.13

イラッとする言葉や表現が使われた瞬間

  • ワガママボディー
  • 草食系とか肉食系
  • 美人すぎる〇〇
  • うちの嫁
  • SNS映えする
  • 全然しつこくない、などの全然の使い方。
  • サイズ感
  • 私って~な人じゃないですかぁ
  • 東京ドーム〇個分の広さ
  • ○○は女子は絶対好き!
  • ○○はCMの後すぐ!
  • イニシャルトーク全般

など。

出演者の発言にイラッとする視聴者は少なくないようです。

若者の“テレビ離れ”

若者の“テレビ離れ”が進むなかでインターネットの普及により、

  • YouTube
  • ニコニコ動画
  • Hulu
  • Amazonプライム

などの視聴は増えているそう。

また、

  • スポーツ
  • コンサート

などを、

  • スタジアム
  • スポーツ・カフェ
  • 集会場

に集まり、集団視聴する“パブリック・ビューイング”の機会が年々増加しているようです。

さらに、携帯電話の普及と進化により、時間と場所を自分でコントロールしながら見られるように。

テレビの番組表に合わせてテレビを見る、という生活スタイルはなくなっていくだろう、とテレビ関係者は危惧しているとか。

視聴者をイラッとさせない番組作りも必要なようです。

スポンサーリンク