ドラマ陸王、ライバル社の社員役がついに発表!

スポンサーリンク

ドラマ陸王、ライバル社の社員役がついに発表

池井戸潤さんの小説『陸王』を原作として制作されるTBS連続ドラマ『陸王』。

ドラマ『陸王』は10月15日より、毎週日曜PM9時〜放送予定です。

池井戸潤さんが描くストーリーの中には、たびたび“卑劣な手を使う”主人公のライバル役が存在。

ドラマ『陸王』で、なかなか明らかにされなかったライバル役キャストがついに発表されました!

池井戸潤原作『陸王』が2017秋ドラマ視聴率1位の予想

2017.09.07

ドラマ陸王に竹内涼真が出演決定、新たなキャスト続々発表

2017.09.13

『陸王』:こばせ屋のライバル社社員役

『陸王』主人公宮沢紘一(役所広司さん)が経営する老舗足袋製造業者こばせ屋。

そのライバルとなる、大手スポーツメーカーのアトランティス社

アトランティス社社員キャストがついに明らかに!

ピエール瀧(役:小原賢治)

                出典:eiga.com

アトランティス社の営業部長

一流大学卒業後、アメリカの有名大学にも在籍した経験あり。

何よりも利益を優先し、モラルを無視した行動を取る。

自社シューズの宣伝になるような成績の良い選手を持ち上げ大事にする一方で、調子の悪い選手は即契約を打ち切る。

選手を“お金を稼ぐ道具”としか思っていない。

部下には“汚れ役”を押し付け、目上の人に対しては敬意を払うこともない。

“悪代官”の代表のような人物。

小藪千豊(役:佐山淳司)

               出典:asagei.com

営業部長の小原(ピエール瀧)の部下

小原に逆らえず、言いたいことも言えない。

スポンサーリンク

小原に“ゴマをすり”アトランティス社での自分の地位を守っていく。

市川右團次いちかわうだんじ (役:村野尊彦)

             出典:astage-ent.com

アトランティス社の営業部に所属するシューフィッター。

走り方や悩みなど、選手一人ひとりの状態を把握して最高のシューズを提供する。

選手からの信頼も厚い“カリスマシューフィッター”

のちのち、こばせ屋と関わっていくことに・・・?

こばせ屋関連キャストも追加発表

こはぜ屋に40年以上務めるベテランの経理担当、富島玄三を志賀廣太郎さんが演じることは以前から発表されていました。

              出典:youtube.com

今回、ライバル役の社員役の発表と共に、こばせ屋に関わる人物キャストも徐々に明らかになってきました。

檀ふみ(役:宮沢美枝子)

               出典:hpac-orc.jp

役所広司さん演じる宮沢紘一の妻。

こばせ屋社長である夫を支えながら応援する。

長男である大地(山崎賢人さん)の就職活動がうまくいかないときも温かく包み込む。

“良妻賢母”な女性。

阿川佐和子(役:正岡あけみ)

                 出典:asajo.jp

こばせ屋の縫製課リーダー

こばせ屋の縫製課メンバーは平均年齢60歳。

そのメンバーを束ねる、感情表現豊かな“ムードメーカー”的存在。

スポンサーリンク

縫製の腕は相当なもの。

内村遥(役:安田利充)

           出典:ykoffice.la.coocan.jp

こはぜ屋の係長。

若手社員に対しても面倒見がよく、明るい性格。

若手社員のまとめ役であり、宮沢社長(役所広司)の相談相手。

天野義久(役:江幡晃平)

           出典:kdgp6.blog.fc2.com

こはぜ屋に出入りしている、椋鳩通運の社員

高校時代に長距離走者として活躍した過去を持つ。

こばせ屋が挑むランニングシューズ開発過程において自身の陸上経験からアドバイスをする。

ランニングシューズ陸王の開発になくてはならない人物。

“悪役”ピエール瀧に注目

悪役を演じる機会が多いピエール瀧さんが、『陸王』で“悪代官の代名詞のような人物”をどのように演じるのか、も“見どころ”のひとつとして注目されているようです。

スポンサーリンク